形状が同一でも細かい点で異なることが多い

カギの修理隊

自力で玄関ドアを鍵交換する注意点

絶対に理解しておかなければいけないことがDIYによる鍵交換の失敗は自己責任であるということです。
・鍵・錠前のサイズを間違えてしまって設置することができない。
・無理やり取り付けたことによって起きる破損がドアが閉まらないなど。
・交換施工時に小さなビスを紛失してしまった。
など、意外と多くあるやりがちなミスですが、こうしたミスによる鍵の買い替え費用やビスの調達など、すべて自己責任となってきます。
また、鍵はセキュリティが非常に重要な存在でありますので鍵ならではの購入における注意点も存在しています。
たとえ取りつけに着手していない状態であっても一度購入してしまった鍵(錠前)は返品が認められないケースがほとんどだということです。
一度も使っていない鍵なのに返品が認められない理由は、一度購入された鍵の返品を認めるということは、ある意味、合鍵を作られるリスクを黙認するという安全性を考えた上でのこととなっているからです。そのため、購入した商品を返品することができないということは認識しておきましょう。
そのように犯罪目的で返品制度を悪用されるようなことがないように鍵のセキュリティに対して真っ当に考えている店であればあるほど返品を一切受け付けないというスタイルを貫いています。
鍵の購入については細心の注意が必要で、「この鍵でいいのかイマイチ自信がないけれど、合わなければ買い替えればいい」などという軽い気持ちで購入してしまうと後悔することになりかねません。
DIYによる鍵交換は、作業だけでなく購入の段階から自己責任となってしまうので判断ミスなどによる金銭的負担もすべて自分が背負う必要があるという点を理解しておきましょう。




相談無料

取扱いメーカー一覧

鍵屋が緊急対応!