仕組みを知れば解錠する時のきっかけになる

カギの修理隊

金庫の仕組み

金庫には様々な仕組みがありセキュリティ上の観点から構造が異なる金庫が多くありますが構造はほとんどに通っています。

・ダイヤルの仕組み
内部の歯車があり一カ所がへこみがあり、その部分を内部で合わせたところで開錠することができます。
ほとんどの金庫はダイヤルが右と左に回ります。
一般的にセットできる番号は、4つの物が多いですが家庭用金庫の場合には3つの物もあります。

ダイヤル開錠方法について
一般的には時計方向にセットしてから反対方向に回すタイプの金庫が多く見受けられます。解除するためのセットされたダイヤルを忘れないためにも個人で分かりやすい番号にセットしたり覚書を大切にしまっておくのも必要なことができます。
シリンダーの仕組みについて
一般的なギザギザした鍵、防犯性の高い丸い窪みが開いているディンプルキー、マグネットキー(磁石式)があります。
マグネットキー(マグロック)の仕組みについて
複数のマグネットが入っていてマグネットの配列や埋め込まれている場所や数によって鍵が合致すると解錠する仕組みになっています。
ピッキングができないので一般的な鍵よりは解錠することが難しくなっています。
暗証番号のしくみについて
様々なものがありますが0~9の数字を4桁押して開けるものが一般的です。
現在の、暗証暗号タイプの金庫では、新しい仕組みのものが市販されてきていますので開け方も多種多様となってきています。
電子キーの場合の注意点
暗証番号タイプは電池を使用していますので電池が消耗すると日高なくなったりします。その時には、新しい電池と交換してみてください。
ほとんどの電子キータイプの金庫ですと扉が閉まっていても外側から電池を交換できるものが多いので新規購入する時には、この点も考慮して購入するとよいでしょう。
また、暗証番号タイプは電子部品を使用しているので基板が壊れてしまうことも考えられますので非常時に開錠する鍵穴が付加されているタイプを購入することをお勧めしておきます。



北海道出張エリア情報
札幌市 厚別区
清田区 白石区 手稲区 豊平区
緊急対応!
石狩市 岩見沢市 恵庭市 江別市
小樽市 北広島市 千歳市 苫小牧市

ガラスの修理交換対応

施工価格