汎用性が一番ある錠

カギの修理隊

シリンダー錠について

シリンダー錠は、玄関扉の鍵として日本で最も多く使用されているタイプの鍵となっています。
鍵穴。および、扉の内側にあるサムターン(つまみ)で施錠すると扉側面から閂が出てきて扉が開かなくなるという構造となっています。
鍵を差し込む鍵穴がある部分がシリンダーと呼ばれる部分で、このシリンダーには、実は非常に多くの種類が存在しています。
ここではシリンダー錠のなかでも特に主流となっているピンシリンダー・ディスクシリンダー・ディンプルシリンダーの3種類について、その特徴をご紹介しています。

ピンシリンダー
鍵の片方にギザギザがついているのが特徴のシリンダーです。
シリンダーの内部、上と下それぞれにピンがあり鍵を差し込むとそのピンが所定の位置まで押されて鍵が回るという構造となっています。
シリンダー錠のなかでも安価なのが利点ですが防犯性がそれほど高いものではありませんん。
ディスクシリンダー
鍵の両側にギザギザがついているのが特徴です。
使われているものは廃盤になっている旧タイプで、現在、流通している鍵の両面にギザギザがついている鍵を使う錠前はロータリーディスクシリンダーという新しいタイプのものです。
ただのディスクシリンダーだった世代では、構造が単純でピッキングなどにも非常に弱いという欠点がありました、現在、流通しているロータリーディスクシリンダーは構造が複雑化しているので以前と比較して防犯性も向上しピッキングが比較的困難な壁となっています。
価格も比較的お手頃なものが多くあり防犯性とコストのバランスにすぐれています。
ディンプルシリンダー
鍵にギザギザがついていなく、鍵の表面に丸いくぼみがたくさんついているのが特徴となっています。
ロータリーディスクシリンダーよりもさらにはるかに構造が複雑で複製自体も困難でシリンダー錠のなかでは、最上級クラスの防犯性を誇るのが最大の利点です。
鍵の複製は鍵業者のなかでも特殊な機器や技術を有しているところでしかできないので安全性が高く、その分、スペアキーを複製しにくいという欠点があります。
また、ピンシリンダーやディスクシリンダーでしたら1万円未満で買えるものも多くあるのですが、このディンプルシリンダーは、数万円クラスが主流となっていてシリンダー錠としてはかなり高価なものであるという点もデメリットとなっています。



北海道出張エリア情報
札幌市 厚別区
清田区 白石区 手稲区 豊平区
緊急対応!
石狩市 岩見沢市 恵庭市 江別市
小樽市 北広島市 千歳市 苫小牧市

ガラスの修理交換対応

施工価格