利点もあれば欠点もある

カギの修理隊

暗証番号式の鍵の利点と欠点について

暗証番号式の鍵の利点としては、鍵を持ち歩く必要がないということです。鍵を紛失してしまいやすい人にとって暗証番号式は非常に快適な存在となっています。
また、暗証番号入力ミスを繰り返すと自動ロックがかかるように設定されていて、暗証番号が偶然などで破られる確率がかなり低くセキュリティ上でも大きな利点でもあります。
しかし、当然のことながら暗証番号を忘れてしまった場合には、部屋に入れなくなるなどの欠点があります。

暗証番号など忘れるわけがないと思っている方が多いですが、セキュリティ向上のために長い暗証番号を設定している場合や定期的に暗証番号変更などをしている場合には、その番号をうっかりと忘れてしまうケースも多く発生しています。
暗証番号を忘れないためにもメモ書きなどしていると他人に見られた場合には、あっさり解錠されてしまうので細心の注意が必要となってきます。解錠時のキー操作を他人に見られてしまった場合も解錠されてしまうことがあるなど、暗証番号式は、暗証番号管理そのものにおけるセキュリティ面での困難さが存在している状態となっています。
暗証番号式の落とし穴としては、停電時や電池切れになったときは、全く反応しないと言う状態になってしまうことがありますので、これも注意が必要となってきます。

暗証番号式の鍵を用いるケース

暗証番号式の鍵は、様々な場面で利用されています。以下に代表的なケースを挙げてみます。

●自宅の玄関や車庫の鍵として
暗証番号を入力することで鍵を解錠するタイプの電子錠があります。このタイプの鍵は、鍵の紛失や盗難などを防ぐことができます。また、家族や訪問者にも暗証番号を伝えることで、鍵の共有が容易になります。
●金庫や貴重品入れの鍵として
金庫や貴重品入れには、暗証番号を入力して解錠するタイプの鍵があります。このタイプの鍵は、鍵を紛失した場合でも解錠することができ、高いセキュリティを確保できます。
●オフィスや店舗の鍵として
オフィスや店舗の入口には、暗証番号を入力して解錠するタイプの電子錠が利用されます。このタイプの鍵は、鍵の管理や変更が容易で、安全に入退室を管理することができます。
●鍵付きロッカーの鍵として
スポーツジムやプールなどのロッカーには、暗証番号を入力して解錠するタイプの鍵が利用されます。このタイプの鍵は、鍵を紛失した場合でも解錠することができ、利用者のプライバシーやセキュリティを確保できます。

以上のように、暗証番号式の鍵は、様々な場面で利用されています。安全性や利便性、管理のしやすさなど、用途や目的に合わせて適切な鍵を選ぶことが重要です。

採用するコスト
暗証番号式の鍵は、機種や機能によって価格が異なりますが、一般的なものであれば、数千円から数万円程度の価格帯になる場合が多いです。また、設置やメンテナンスにかかる費用も加味する必要があります。
ただし、暗証番号式の鍵は、鍵の交換や鍵紛失に伴う費用を抑えることができるという利点があります。また、オフィスや店舗など、複数の人が利用する場合には、鍵の管理が容易になり、セキュリティを確保することができます。
したがって、採用するコストは、設置する鍵の機種や機能、設置場所や利用目的によって異なりますが、長期的に見れば費用対効果が高いと言えます。

暗証番号を忘れてしまった時の鍵開け

暗証番号を忘れてしまった場合、以下のような方法があります。

購入時に設定した暗証番号を思い出す
暗証番号を忘れた場合は、購入時に設定した暗証番号を思い出すことができるかもしれません。暗証番号を思い出せる場合は、再度試みて開錠することができます。
●メーカーに問い合わせる
暗証番号を忘れた場合、金庫メーカーに問い合わせることができます。メーカーによっては、鍵や暗証番号を再発行するサービスを提供していることがあります。ただし、手数料や証明書の提出などが必要な場合があります。
●鍵屋に依頼する
鍵屋に依頼して開錠してもらうこともできます。ただし、鍵屋によっては暗証番号の再設定サービスを提供していない場合があります。また、開錠作業には費用がかかることがあります。
●自力で開錠する
自力で開錠する方法としては、錠前に穴をあけてピッキングする方法があります。ただし、金庫によってはピッキングが難しい場合があり、自力で開錠することができない場合もあります。また、自力で開錠することで金庫や錠前に傷をつけてしまう場合があるため、注意が必要です。

施工価格


サポート受付電話番号