技術の進歩によって開発された認証システム

カギの修理隊

生体認証式を導入するか考えてみる

かなりの精度で個人を特定できるので登録している人以外が解錠することが極めて困難でセキュリティ性が特に高いというのも生体認証式の最大の特徴となっています。
ただし、生体認証式の鍵は基本的に高額な商品が多く部品代だけでも10万円以上のものが大多数で高価な商品ですと数十万円もするという費用面の支出が必要となってくるデメリットがあります。
たとえば指紋認証の場合には、指先をケガしてしまったり、切り傷などがあった場合には、読み取り不良で解錠できないことがあります。さらに、これはあまり知られていないことですが、実は指紋はやろうと思えば複製も可能となっています。
指紋鑑定で使われている方式と同様なのですが使用者が触った部分に細かい粉末をつけて、そこにセロハンテープなどを貼ってはがすという方法でも指紋は簡単に採取できてしまいます。
そして、採取した指紋をデータ化して、それを3Dプリンターで出力するなどすれば指紋の複製ができてしまうということでもあり厳重管理する場所では不向きと言ってもいいでしょう。
指紋はたとえ双子でも同じ指紋ではないという事実があるからこそ絶対安心と考える人は少なくありません。しかし、実際には複製も不可能ではないという点で絶対安全なセキュリティには当てはまらないということを理解しておくことが大切です。
指紋認証以外の生体認証といえば静脈認証や虹彩認証などもありますが、これらを採用している玄関鍵自体を見つけること自体が困難だという面もあります。
そして、生体認証式の鍵も暗証番号式の鍵と同様で停電時には、使えないという欠点があることを覚えておきましょう。



北海道出張エリア情報
札幌市 厚別区
清田区 白石区 手稲区 豊平区
緊急対応!
石狩市 岩見沢市 恵庭市 江別市
小樽市 北広島市 千歳市 苫小牧市

ガラスの修理交換対応

施工価格