対処法の紹介

カギの修理隊

折れてしまったカギの対処法

何もしていない時に折れてしまうと2次的被害がないのですがカギに負荷をかけた時に折れてしまうケースがほとんどです。玄関やドアに限らずカギ穴の中でカギが折れてしまうと困ってしま時などですが鍵屋を呼ぼうか、それとも自力でなんとかしようか迷っている人もいるかと思います。そんな時のカギが折れた対処方法や予防策などについてご紹介いたします。

カギ穴で折れてしまったときの対処法
カギ穴に指して回そうとしたときにカギ穴の中で折れて詰まってしまった場合、自力対処できる場合と鍵屋など専門知識がないと対処できない場合があります。
自力でできるかどうかの目安として考えるポイントは「カギ穴から先っぽが出ているかどうか」が基本となってきます。折れたカギの先っぽがつまめるほどカギ穴から吐出しいるなら、ラジオペンチやプライヤーを使って自力で抜き取れる可能性があります。ただし、無理に回すのは錠前を破損させてしまうこともありますから力一杯で抜き取るとか回すのは避けた方がよい場合もあります。
反対に先っぽがカギ穴から出ていない場合には、鍵屋など業者にご依頼いただきシリンダーを分解してカギを取り除くことになります。ただし、カギを自分で取り出せた場合も、カギが折れてしまった時点でシリンダーに不具合が起きている可能性もあります。
基本的には何十年もご使用されている場合には、錠前や鍵の交換を早めにされることをおすすめいたします。

使用年数が古くなってくると交換のサイン点灯
カギの使用年数が短ければ折れの心配はないということは、基本的にカギの劣化は使用頻度や扱い方によって耐久性能が異なっているので使用年数が短くても使い始めてから年数が短くても折れる可能性があります。
トラブルが起きるサインrとしてのj症状が、カギの操作が固くなったり鍵を回すのに違和感がでてきた時などです。普段使っているとおりカギを使い続けていると、カギに負荷がかかって金属の性質上、折れてしまうことがあります。もしも、カギの操作が固くなってしまった場合など違和感を感じたらメンテナンスされることを推奨致します。

折れたカギ

鍵穴の中で鍵が折れてしまったら

鍵が穴から出ている場合に限りますが比較的簡単に抜き取ることができます。確認方法は、鍵が詰まってしまった鍵穴の様子を横から確認してみてください。折れてしまった鍵が ちょっとでも穴から顔を覗かせていたら、ピンセットやラジオペンチを使って比較的簡単に折れた鍵を抜き取ることができます。
手順としては、下記の手順となります。

1:ピンセット(ラジオペンチでもOK)を用意する。
2:表面に出ている部分を慎重に摘み慎重に折れてしまった鍵をつまみ出す。 ※はみ出ている鍵を掴んで取り出す過程は慎重に作業をしましょう。慌てて摘み出そうとして逆に奥に押し込んでしまったら抜き取ることができなくなってしまうことがあります。十分に気をつけて慎重にしてください。また、掴む部分がほぼない状況で、精密ドライバーなど 細長いものをガチャガチャと鍵穴に突っ込み無理やり鍵を引っ張り出すのはやめましょう。 鍵だけでなく鍵穴、つまりシリンダー内部を傷つけてしまうことになって例えそれで鍵を取り出せたとしてもスペアキーで開かなくなる可能性があります。
3:ピンセットで折れた鍵を取り出した後、スペアキーがあれば開錠できるか試してみます。少しでも違和感があるときにはシリンダー内でふぐあいが発生していることがあります。
また、その場にスペアキーがない場合には、他にスペアキーを持っている家族を呼ぶか鍵業者を呼んで鍵開けをしてもらう必要があります。

(重要)自分で鍵を取り出せる自信がないという場合には、鍵屋にご相談下さいください。

鍵交換の概算費用
鍵交換の費用は、交換する鍵の種類や作業内容、地域によって異なります。以下は一般的な概算費用です。

玄関ドアのシリンダー交換:1万円?2万円程度
ドアノブの交換:1万円?2万円程度
車のキー作成(紛失時):2万円?5万円程度
電子錠の交換:3万円?10万円程度

ただし、業者によっても費用は異なるため、複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討することが重要です。また、急ぎで交換が必要な場合や夜間・休日に対応してもらう場合は、追加料金が発生することがあります。

折れたカギを無理やり鍵穴から抜き取る注意点
折れた鍵を鍵穴から無理やり抜き取る際には、以下の注意点を守ることが重要です。
使用する道具の選択
鍵穴から折れた鍵を抜き取るためには、適切な道具を使用する必要があります。専用の鍵抜きツールやピッキング道具などを使用することをおすすめします。必要であれば、専門家やロックスミスに相談して道具の選択や使用方法を確認しましょう。
慎重な操作
折れた鍵を抜き取る際には、慎重な操作が必要です。力をかけすぎたり無理な動作をすると、鍵穴や錠が損傷する可能性があります。ゆっくりとかつ注意深く作業し、鍵を傷つけないように心掛けましょう。
専門家への相談
折れた鍵を抜き取る作業は専門的な知識と技術を要する場合があります。自身で対処できる自信がない場合や鍵穴が損傷している場合は、専門家やロックスミスに依頼することを検討しましょう。彼らは適切な道具と技術を持っており、効果的かつ安全な方法で鍵を抜き取ることができます。
追加の損傷を避ける
折れた鍵を抜き取る際には、周囲の部品や鍵穴そのものに追加の損傷を与えないように注意しましょう。鍵を抜く作業中に力をかけたり、道具を誤った位置に挿入したりすると、鍵穴や錠が傷つく可能性があります。
修理や交換の検討
折れた鍵を抜き取った後、鍵や鍵穴が損傷している場合は、修理や交換を検討することが重要です。損傷した鍵や鍵穴はセキュリティー上のリスクとなる可能性があるため、専門家による点検や修繕を行うことをおすすめします。

以上の注意点を守りながら、折れた鍵を鍵穴から抜き取る作業を行うことで、損傷を最小限に抑えることができます。しかし、自身で対処する前に専門家の助けを借りることも検討してください。


鍵の修理交換対応


サポート受付電話番号